――― 岡 田 自 観 師 の 御 歌 集 ―――

 

御     歌

原   典

ふぁっしょがいんふれになって まるきしずむがでふれになっちゃった
ファッショがインフレになつて マルキシズムがデフレになつちやつた
※ファッショ=一党独裁による専制主義。マルキシズム=マルクス主義。
山と水 0805
S 8. 3.18
世を観る
ふあんなる くもにつつまれりきみいる むしんろんしゃのいとあわれなる
不安なる 雲に包まれ力みゐる 無神論者のいと哀れなる
「栄光」 242
S29. 1. 6
 
ふうげつを ともとしわれはかかなめて たのしみつつもみわざすすまゆ
風月を 友とし吾はかかなめて 楽しみつつも神業進まゆ
地上天国28
S26. 9.25
神と吾
ふうわりと こぼれそうなえだのゆき あかつきばれのそらにういている
ふうわりと こぼれそうな枝の雪 暁霽れの空に浮いてゐる
山と水 0428
S 7. 1.18
雪晴れ
ふかぎりを すいつつあさのみちゆけば とあるへいうえきんもくせいさく
深霧を 吸ひつつ朝の路ゆけば とある塀上金木犀咲く
山と水 0822
S 8. 4.10
ふかぎりを つきゆくけーぶるかーのうえ みはくものえにあそぶおもいす
深霧を つきゆくケーブルカーの上 身は雲の上に遊ぶおもひす
山と水 0113
S 6. 7.15
ハルナ
登山
ふかぶかと いくとせつめるおちばにや このやまこみちあしあとみえず
深々と いくとせ積める落葉にや 此山小径足跡みえず
山と水 0354
S 6.11.10
落 葉
ふかぶかと くつにしたしもあつごけの はやしのしたのふるきにおいはも
ふかぶかと 靴にしたしも厚苔の 林の下の古きにほいはも
山と水 0528
S 7. 3.10
ふかまれる ゆうべのいろはももぞのの くれないとけてやみとなりけり
深まれる 夕べの色は桃園の くれない溶けて闇となりけり
山と水 0566
S 7. 5.12
二子の桃
ふきさらす ふゆのつつみのかれやなぎ ただひねもすをゆれているなり
ふきさらす 冬の堤の枯柳 ただひねもすをゆれてゐるなり
※ひねもす=朝から夕方まで。一日中。
山と水 1016
S 8.11.18
冬 枯
ふきすさぶ あらしのそとにやすかりぬ かみのころもにつつまるるみの
吹き荒ぶ 嵐の外に安かりぬ 神の衣に包まるる身の
明麿近詠集
S24. 5.**
414
神の力
ふきすさぶ あらしのそとにやすかりぬ かみのまもりのなかにあるみは
吹き荒ぶ 嵐の外に安かりぬ 神の護りの中に在る身は
地上天国 2
S24. 3. 1
 
ふきすさぶ あらしのそとにやすかりぬ かみのまもりをうくるこのみは
吹き荒ぶ 嵐の外に安かりぬ 神の護りを享くる此身は
御讃歌集
(改)345
安心立命
ふきすさぶ あらしのなかもいとやすく あるはみたまのきよければなり
吹荒ぶ 嵐の中もいと安く 在るは身魂の清ければなり
地上天国23
S26. 4.25
 
ふきすさぶ あらしをよそにこのひごろ うたにいそしむわれにぞありける
吹き荒ぶ 嵐を他所に此日比 歌にいそしむ吾にぞありける
明麿近詠集
S21. 2.21
207
閑 日
ふきすさぶ よあらしとてもわすれけり かみのみひかりにつつまれてより
吹き荒ぶ 世嵐とても忘れけり 神の御光に包まれてより
御讃歌集
048
神の御光
ふきすさぶ よあらしとてもわすれける かみのひかりにつつまれてより
吹き荒ぶ 世嵐とても忘れける 神の光に包まれてより
御讃歌集
(改)135
神 恩
ふきすさむ あらしをよそにてんごくを ゆめにえがきつわれはありけり
ふきすさむ 嵐をよそに天国を 夢に描きつわれはありけり
明麿近詠集
S24. 6.17
466
最後の日
ふきつのる かぜにしろじろくまざさの はのひらめくもうらやまなだり
ふきつのる 風に白じろ熊笹の 葉のひらめくも裏山なだり
山と水 1015
S 8.11.18
冬 枯
ふきぬける ののさむかぜをとおるひに ゆるみのみえぬほのかながらも
ふきぬける 野の寒風を透る陽に ゆるみのみえぬほのかながらも
山と水 0460
S 7. 1.16
春の
気はい
ふくかぜに ふるゆきくるいまいつして にわのときわぎややみだれける
吹く風に 降る雪くるひ舞ひつして 庭の常盤木やや乱れける
山と水 0406
S 6.12.25
ふけりゆく つきのさにわになつながら はやちちとなくむしのこえあり
更けりゆく 月の小庭に夏ながら はやちちと啼く虫の声あり
山と水 0150
S 6. 7. 6
月の光
ふしあなの ごときちいさきまなこもて わがわざみるもわかりうべしや
節穴の 如き小さき眼もて 我業見るも分り得べしや
祭典時御歌
S29. 3.23
春季大祭
御詠 05
ふしあなの ごときちいさきまなこもて わがわざみるもわかりうべしや
節穴の 如き小さき眼もて 我業見るも分り得べしや
地上天国 59
S29. 6.15
 
ふじがねの しらゆきたまのましみずに こころあらえとやかみのみむねの
富士ケ嶺の 白雪多摩の真清水に 心洗へとや神の御むねの
明麿近詠集
S16. 1.22
092
ふじがねを はろかにながめたまがわの きよきながれをなつかしむさと
富士ケ嶺を はろかに眺め玉川の 清き流をなつかしむ郷
明麿近詠集
S11. 5.**
036
玉川郷
ふしぎなる われがさだめとおもうなり かみのみめぐみめにうつるごと
不思議なる 吾が運命と思ふなり 神の御恵み目にうつる毎
地上天国25
S26. 6.25
 
ふじさわや つじどうあたりまつなみき つづかいむかしのたびをしのびぬ
藤沢や 辻堂あたり松並木 つづかひ昔の旅を偲びぬ
明麿近詠集
S16.10.**
100 箱根
熱海紀行
ふじのゆき あかねにそめてにちりんは いましみそらにかがやきそめける
富士の雪 茜にそめて日輪は 今しみ空に輝き初めける
明麿近詠集
S11. 1. 1
003
元旦
ふじばかま ちぐさのなかにみいでけり うらむらさきのこばなめぐしむ
藤袴 千草の中にみいでけり うら紫の小花めぐしむ
※藤袴=キク科の多年草。淡紅紫色の頭花を枝先につける。秋の七草。
山と水 0591
S 7.10.12
秋 草
ふじまめの かぜにふるえつゆうぞらの くものうごきにはやあきのみゆ
藤豆の 風にふるえつ夕空の 雲の動きにはや秋の見ゆ
山と水 0924
S 8. 8.21
秋うごく
ふたそまわり ごろくしちのとしをへて ひらけゆくらめはちじのすがたに
二十廻り 五六七の年を経て 開けゆくらめ八字の姿に
S28. 1. 1 新年御歌08
ふたそまわり ごろくしちのとしをへて ひらけゆくらめはちじのすがたに
二十廻り 五六七の年を経て 開けゆくらめ八字の姿に
地上天国45
S28. 2.25
新年御詠
ふたつなき とうときいのちあやまれる いやしのわざにほろぶこひつじ
二つなき 尊き生命誤れる 医しの業にほろぶ小羊
明麿近詠集S18. 2. 5 140
立 春
ふたつみつ こじまのくろくうかめおり あたみのやどのつきのよのまど
二つ三つ 小島の黒く泛めをり 熱海の宿の月の夜の窓
明麿近詠集
S21. 2.22
213
ふたつみつ もみじのちりばまつのはに かかるがみゆるしもしろきあさ
二つ三つ もみぢのちり葉松の葉に かかるが見ゆる霜白き朝
山と水 0631
S 7.12.10
冬 庭
ふとこころ くらくなりけりちゅうしゃにて まかりしというひとのこのはなし
ふと心 暗くなりけり注射にて 死りしといふ人の児のはなし
山と水 1133
S 9. 7.23
ふとみたる ささむらかげにうごくもの うぐいすならめはつねきかばや
ふとみたる 笹むらかげに動くもの 鶯ならめ初音聞かばや
山と水 1074
S 9. 2.16
ふとみれば みしまのやしろのそばちかく みおくりむかうまめひとのむれ
ふと見れば 三島の社のそば近く 見送り迎ふ信徒の群
地上天国48
S28. 5.25
嵯峨紀行06
ふなびとの いかだはるかにながれきぬ しろじろけむろうさみだれのなか
舟人の 筏はるかに流れきぬ 白じろけむろう五月雨の中
山と水 0102
S 6. 7. 6
五月雨
ふねつなぐ みずさお〔みさお〕のさきにせいれいの とまるがみずにきははにうつれる
舟つなぐ 水棹の尖に蜻蛉の とまるが水にきははにうつれる
山と水 0619
S 7.12. 5
蜻 蛉
ふねのうえ ふりさけみればむらさきの つくばのみねにしらくもたなびく
舟の上 ふりさけみればむらさきの 筑波の峰に白雲たなびく
山と水 0084
S 6. 7. 1
水郷めぐり
ふねはいま あおさきわまるとろにきて うはしきりなくあゆくわえくる
舟は今 青さきわまる瀞に来て 鵜はしきりなく鮎くわえくる
※瀞=河川の流れの中で、水が深くて流れの緩やかな所。
山と水 0842
S 8.**.**
長 瀞
ふみならし おちばつづかうこのもりの みちをぬくればあきのにいでぬ
踏み鳴らし 落葉つづかふ此森の 径を抜くれば秋野にいでぬ
山と水 0352
S 6.11.10
落 葉
ふみまよい ゆくてもわかぬこひつじを いとねもごろにみちびくぞわれは
踏み迷ひ 行く手もわかぬ小羊を いと懇ろに導くぞ吾は
祭典時
S26. 2. 5
立春御詠12
ふみまよい ゆくてもわかぬこひつじを いとねもごろにわれはみちびく
ふみ迷ひ 行手もわかぬ小羊を いと懇ろに吾は導く
御讃歌集
(改)426
ふみよみつ ひおけにそえどせすじより みずあびるごとしふゆのよさむは
書読みつ 火桶に添へど背すじより 水浴びる如し冬の夜寒は
※火桶=木製の火鉢。
山と水 0376
S 6.12.23
寒 夜
ふゆがれの おおきはつきかしめはれる みどうきしものおわしますかや
冬枯れの 大樹は槻か注縄はれる 御堂鬼子母のおはしますかや
※槻=ケヤキの古名。
山と水 0684
S 8.**.**
豊 島
(雑司ケ谷)
新東京を詠む
ふゆがれの さびしきやまにしろじろと においぬるかなうめのひともと
冬枯の 寂しき山に白じろと 匂ひぬるかな梅の一本
明麿近詠集
S21. 2.21
208
閑 日
ふゆがれの ぞうきばやしをのぞくつき わがいゆくままどこまでもそう
冬枯の 雑木林をのぞく月 わがいゆくままどこまでも添ふ
山と水 1013
S 8.11.18
冬 枯
ふゆがれの はやしのよるはしずかなり かんげつあおげばえりにあわだつ
冬枯の 林の夜は静かなり 寒月あふげば襟に粟だつ
山と水 0629
S 7.12.10
寒 月
ふゆがれの はやしめざしてつどうからす すわるるごとくゆうぞらにきえぬ
冬枯の 林めざして集う烏 吸はるる如く夕空に消えぬ
山と水 0653
S 7.12.10
冬木立
ふゆがれの やなぎそよがずほりばたは ただいたずらにじどうしゃゆきかう
冬枯れの 柳そよがず濠端は ただ徒らに自動車往き交う
山と水 1162
S10. 1.10
春未だし
ふゆがれや ぞうきばやしにしもこおり さしかわすえのつきにあかるき
冬枯や 雑木林に霜こほり さし交はす枝の月にあかるき
山と水 0628
S 7.12.10
寒 月
ふゆこだち しもこきあさのしたかげを ゆけばかすみのはらはらとふる
冬木立 霜こき朝の下かげを ゆけば霞のはらはらと降る
山と水 0655
S 7.12.10
冬木立
ふゆごもる へやのはりどにしずかなる いずのうなばらひびながめいぬ
冬籠る 部屋の玻璃戸に静かなる 伊豆の海原日々眺めゐぬ
※玻璃戸=ガラス戸
明麿近詠集
S20. 2.14
198
熱 海
ふゆしらぬ あたみめぐましいちがつに うめさきにがつにさくらさくなり
冬知らぬ 熱海愛まし一月に 梅咲き二月に桜咲くなり
御讃歌集
275
熱 海
ふゆしらぬ あたみめぐましいちがつに うめさきにがつにさくらさくなり
冬知らぬ 熱海愛まし一月に 梅咲き二月に桜咲くなり
御讃歌集
(改)362
熱 海
※愛まし=たまらなくいとおしい。    
ふゆすぎて たつはるのごとわがわざも はなさきにおうときとなりぬる
冬過ぎて 立つ春の如わが業も 花咲き匂ふ時となりぬる
明麿近詠集
S24. 2. 4
377
立 春
ふゆすぎて たつはるのごとわがわざも はなさきにおうときとなりぬる
冬過ぎて 立つ春の如吾業も 花咲き匂ふ時となりぬる
御光話録 4
S24. 2. 4
立春の
御歌
ふゆすぎて たつはるのごとわがわざも はなさきにおうときとなりぬる
冬過ぎて 立つ春の如わが業も 花さき匂ふ時となりぬる
地上天国 3
S24. 4.20
立春御歌
ふゆぞらの あかるきひなりへいそとに さくらのかれえこまやかにはれる
冬空の 明るき日なり塀外に 桜の枯枝こまやかに張れる
山と水 0633
S 7.12.10
冬 庭
ふゆぞらの あぜのかれきもそのままに うつるみずたのごごしずかなり
冬空も 畔の枯木もそのままに 映る水田の午後静かなり
山と水 0652
S 7.12.10
冬木立
ふゆぞらの すみよわまりてうすらにも かすみたちしがいまぞめにいる
冬空の 澄みよはまりてうすらにも 霞立ちしが今ぞ眼に入る
山と水 1053
S 9. 2. 6
ふゆのあさ いでゆにつかりうっとりと かれこだちするやまをみており
冬の朝 湯泉につかりうつとりと 枯木立する山をみてをり
山と水 0659
S 7.12.10
冬木立
ふゆのそら すみきわまりてむさしのを つくばおろしのひすがらにふく
冬の空 すみきわまりて武蔵野を 筑波颪の日すがらにふく
※筑波颪=冬期、筑波山から吹きおろす北風。
山と水 1044
S 9. 1. 5
冬 晴
ふゆのひの ながきをしのぎしのぎきて にわのしらうめふくらみにける
冬の日の 長きを凌ぎ凌ぎ来て 庭の白梅ふくらみにける
岡田茂吉全集
S25. 2. 4
立春御歌
祭典時04
ふゆのひの ながきをしのぎしのぎきて にわのしらうめふくらみにける
冬の日の 長きを凌ぎ凌ぎ来て 庭の白梅ふくらみにける
「救世」49
S25. 2.11
立春御歌
(S25年)
ふゆのよは はやすぎさりてはなわらい ももとりうたうはるはきぬめり
冬の世は はや過ぎ去りて花笑い 百鳥歌う春は来ぬめり
御讃歌集
237
朝 明
ふゆのよは はやすぎさりてはなわらい ももとりうたうはるはきぬめり
冬の夜は はや過ぎ去りて花笑ひ 百鳥歌ふ春は来ぬめり
御讃歌集
(改)022
光明世界
ふりいずる このしらさめにいまのきゃく いずこののきにたたずむならめ
ふりいづる この白雨に今の客 いづこの軒にたたづむならめ
※白雨=明るい空から降る雨。夕立。にわか雨。
山と水 0903
S 8. 7.20
白 雨
ふりつぐる あめをかこちつくるきゃくの おおきひなりきさくらさきそむ
ふりつぐる 雨をかこちつ来る客の 多き日なりき桜咲き初む
山と水 1193
S10. 3.11
雨 後
ふるきいえ おおきのみきにもえどころの なごりかすかにのこるべらなる
古き家 大樹の幹にも江戸ころの 名残かすかに残るべらなる
山と水 0693
S 8.**.**
滝野川
新東京を詠む
ふるきもの みなくずおるるよにいまや あたらしきものあれなむとすも
旧きもの 悉くずおるる世に今や 新しきもの生れなむとすも
御讃歌集
101
地上天国
ふるきよと あたらしきよのさかいめを つなぐすくいのみちからとうとし
古き世と 新しき世の境目を つなぐ救ひの御力尊し
地上天国39
S27. 8.25
 
ふるぬまを つつむよのいろまだあさく さゆるるあしのはなしろかりぬ
古沼を つつむ夜の色まだ浅く さゆるる蘆の花白かりぬ
山と水 0303
S 6.10.20
古 池
ふるめくる しゃもんのうえのあおぞらに さくきりのはなわざとしからず
古めける 社門の上の青空に 咲く桐の花わざとしからず
※わざとしからず=態と然らず。故意にしたのではないけれども。
山と水 1122
S 9. 6. 1
ふるゆきの なかのちまたのゆうまぐれ がいとうのしたひとかげらしも
降る雪の 中の巷の夕まぐれ 街灯の下人影らしも
山と水 0417
S 6.12.25
ふるゆきを ついてわがゆくもわかきめの もすそのなまめきふとすれちがう
ふる雪を ついてわがゆくも若き女の 裳のなまめきふとすれちがう
山と水 0742
S 8. 2. 4
雪の日
ふんかさんじょう たいぜんとして せいとうのだいどうだんけつ
噴火山上 泰然として 政党の大同団結
山と水 1071
S 9. 2. 6
時 局
ふんわりと かれきのえだにはるのゆき つむをしたしみみるへやのまど
ふんわりと 枯木の枝に春の雪 つむをしたしみ見る部屋の窓
山と水 0415
S 6.12.25

 

 ぶ

御     歌

原   典

ぶきみなそれんのほうれつにかこまれながら まんしゅうのていせいいわいは おめでたい
無気味なソの砲列にかこまれながら 満州の帝政祝ひは おめでたい
山と水 1073
S 9. 2. 6
時 局
ぶっかいに こうみょうにょらいとあれたまい すくわせたまいしいずのめのかみ
仏界に 光明如来と生れ給ひ 救はせ給ひし伊都能売神
御讃歌集
(改)014
伊都能売神
ぶっしつを あつかうものはひとにして ひとをあつかうものはかみなり
物質を 扱ふものは人にして 人を扱ふものは神なり
「栄光」 222
S28. 8.19
 
ぶつのよは すみきわまりてためしなき みろくのみよはあれなんとすも
仏の世は すみ極まりて例しなき 弥勒の御代は生れなんとすも
明麿近詠集
S24. 5.18
433
神の仕組
ぶつのよは すみきわまりてためしなき みろくのみよははじまらんとすも
仏の世は 澄み極まりて例しなき 弥勒の御代は始まらむとすも
地上天国 8
S24. 9.25
 
ぶつのよは すみきわまりてまちのぞむ みろくのみよはうまれんとすも
仏の世は すみ極まりて待ち望む 弥勒の御代は生れんとすも
御讃歌集
(改)298
地上天国
ぶつめつと いうもさいごのひというも よのきりかえのときをいうなり
仏滅と いうも最後の日というも 世の切替の秋をいうなり
明麿近詠集
S24. 6.17
479
最後の日
ぶつめつの みよをかぎりにかくろいし はちだいりゅうおうはやたりおとめなり
仏滅の 御代を限りに隠ろいし 八大龍王は八人男と女なり
御讃歌集
041
金龍神
ぶつよくの ほかのぞみとてなきひとを みるごとかみしるひとのとうとし
物欲の 外望みとてなき人を 見る毎神知る人の尊し
「栄光」 194
S28. 2. 4
 
ぶつりきは かぎりあるなりしんりきは かぎりとてなくぜったいりきなる
仏力は 限りあるなり神力は 限りとてなく絶対力なる
御讃歌集
(改)119
神を
讃へる
ぶんかてき やばんのうつしよをぶんかてき ぶんめいのよにわれたてなおすなり
文化的 野蛮の現世を文化的 文明の世に吾立直すなり
「栄光」 201
S28. 3.25
 
ぶんかなどと いかにほこるもなつのよの かのなくこえにひとしかるらめ
文化などと 如何に誇るも夏の夜の 蚊の鳴く声に等しかるらめ
S28. 3.23 春季大祭
御歌10
ぶんかなどと いかにほこるもなつのよの かのなくこえにひとしかるらめ
文化などと 如何に誇るも夏の夜の 蚊の鳴く声に等しかるらめ
地上天国47
S28. 4.25
春季大祭
御詠
ぶんかのみ いかにすすむもじんるいの こうふくはなしかみよそにして
文化のみ 如何に進むも人類の 幸福はなし神他にして
「救世」63
S25. 5.20
 
ぶんかめいしん うちくだかなんおおかみの こんごうりきをふるいたまわば
文化迷信 打ち砕かなむ大神の 金剛力を揮ひ給はば
S27. 2. 5 立春祭
御歌06
ぶんかめいしん うちくだかなんおおかみの こんごうりきをふるいたまわば
文化迷信 打砕かなむ大神の 金剛力を揮ひ給はば
地上天国33
S27. 2.25
 
※金剛力=神力を発揮する場合の言葉。国常立尊という神様の力。    
ぶんことは ただひとのよをべんりにし りくつおしゆるものとおもえそ
文化とは 只人の世を便利にし 理屈教ゆるものと思へそ
「栄光」 206
S28. 4.29
 
ぶんめいと くちにはいえどまことなる ぶんめいせかいはこれよりぞなり
文明と 口にはいへど真なる 文明世界はこれよりぞなり
御讃歌集
(改)222
大経綸
ぶんめいの ころものそでにかくされし やばんのきばをわれはぬくなり
文明の 衣の袖に隠されし 野蛮の牙を吾は抜くなり
「栄光」 258
S29. 5.26
 
ぶんめいの ふるきころもをぬぎすてて さらつのころもにかゆるわがわざ
文明の 古き衣を脱ぎ棄てて 新つの衣に換ゆる我業
S27. 3.23 春季大祭
御歌11
ぶんめいも かがくもなんのかいかあらん さいごのしんぱんきつるたまゆら
文明も 科学も何の甲斐かあらむ 最後の審判来つるたまゆら
地上天国40
S27. 9.25
 

 

 ぷ

御     歌

原   典

ぷらたなすのきいろいはが へんぺんと ほそうろにおどっているごごのよじごろ
プラタナスの黄ろい葉が 片々と 舗装路に躍つてゐる午後の四時ごろ
山と水 0243
S 6. 9.20
秋(二)
ぷろもぶるもしろもくろもきもいっせいにはいきする めしやてきぐうぞうをまとうよ
プロもブルも白も黒も黄も一斉に拝脆する メシヤ的偶像を待とうよ!
山と水 0297
S 6.10.18
偶 像
※プロ=プロレタリアート。ブル=ブルジョア。    

104首